ニュース

2013年6月13日

理化学研究、炎症・自己免疫疾患関連遺伝子の機能を解明

理化学研究所(埼玉県和光市)は、炎症や自己免疫疾患に関連する遺伝子「Bach2」が、炎症性T細胞の分化を制御する遺伝子であることを解明したと、6月11日発表した。

【引用元】理化学研究、炎症・自己免疫疾患関連遺伝子の機能を解明